苦しい経営状況の救世主【ワークフローと連結納税の必要性】

メンズ

社内の仕事の洗い出し

スーツの人達

無駄となる作業の確認

会社の組織が大きくなると、異なった部署で同じ仕事をするという無駄が生まれたりします。しかし、組織が大きくなると、横の繋がりも希薄となり、ダブルで仕事が進行していることも気づきにくい状態となります。もちろん、仕事を熟している担当も無駄とは思っていません。そのような業務の無駄を洗い出すためにもワークフローは意味のあることです。企業組織の中で働く全員のワークフローを作成することで、業務に無駄が生じていないか、また、人員不足となっている部署はないかを割り出せます。ワークフローは、仕事の流れを正確に記載しなくてはならないので、作成には一定期間必要です。また、作成されたワークフローが適切であるかの監査も必須です。

適材適所の配置換え

ワークフロー作成の目的とするところは、業務のスリム化です。社員一人一人の仕事内容を、管理者の立場で把握し、仕事内容や人員の無駄を徹底的に排除します。この場合、排除するといっても人的リストラをするのではなく、業務のリストラに繋げるのです。これまでダブって仕事をしていた部署や人員を、別の形で生かす方向を見つけるのです。社員一人一人の詳細なワークフローができることによって、社内組織を再構築できることになります。ただ、この業務の再構築は、年間計画による編成が重要です。ワークフローを土台として、会社の運営そのものを見直すのですから、短期間の作業では間に合いません。また、業務の再編成に向けては、部署間のコミュニケーションを活発化させることにも努めなくてはなりません。

税金を減らす方法

ワークフロー作成以外にも、大切な社内管理のうちの1つが連結納税です。例えば親会社と子会社が連結納税をしていて、親会社は黒字で子会社が赤字の場合だとします。この場合、両社は連結納税をしているので、子会社側が納めるべき税金を減らすことが出来るのです。このように会社を経営していく上でとても大きなメリットある連結納税を導入することはとても重要です。苦しい経営状況の救世主となるでしょう。

企業が大きければ効果大

オフィス

企業の規模の拡大などにより決済に手間取るケースが少なくありません。それを一定に解決するのがワークフローシステムです。しかしどんなに優れた機能を持っていても汎用性がなければ意味がありません。汎用性を持ってこそ素晴らしいシステムなのです。

詳細へ

効率的にビジネスを展開

男女

秘書代行サービスは、会社組織は言うまでもなく個人事業者の多くも活用しています 。人件費については会社における経費の内で断然負担となっています。秘書代行は、電話受付の事務員を雇い入れるより遥かに費用が割安でサポート出来ます。

詳細へ

秘書代行を依頼する

女性

秘書代行サービスについては、従業員の採用が要されることがなく、事業を能率化できます。そして、電話の取りこぼしを取り除いて売上高改善、信用性の上昇効果を発揮しますので、利用する価値が大いにあるといえます。

詳細へ